アレルギー対応の流れについて

2021年3月8日

  1. HOME >

アレルギー対応の流れについて

アレルギー対応の流れについて

適切なアレルギー対応を行っていくため、年に一度医療機関でアレルギーの検査をしていただき、生活管理指導表(医師が記入する診断書)に基づき対応していきます。できるだけ早く病院で検査を受け、食物アレルギー対応申請書(保護者記入)、生活管理指導表(医師が記入する診断書)、検査の数値結果のコピー、食物アレルギー対応についての同意書、食物アレルギー対応確認書の5点を園に提出してください。

 下記はアレルギー対応の当日までの流れになっています。

①検査後、生活管理指導表(医師が記入する診断書)と検査の数値結果の紙を受け取ります。

②食物アレルギー対応申請書(保護者記入)に記入し、検査の数値結果の紙をコピーします。

③生活管理指導表、食物アレルギー対応申請書、検査の数値結果のコピーを幼稚園に提出します。

④栄養士と看護師とのアレルギー対応について面談を行います。(栄養士との電話の場合もあります。)

⑤園でのアレルギー対応が決定後、食物アレルギー対応確認書、食物アレルギー対応についての同意書に署名捺印をお願いします。(③の3点の用紙が提出された後に用紙を配付します。)

⑥毎月、前月の20日前後に1ヶ月分のアレルギー確認表(アレルギー食品の除去を記入した紙)を、担任、栄養士、管理者のチェック後、保護者にお渡しします。

アレルギー食品の除去に漏れがないか確認表をチェックしていただき、署名捺印をして一度園に返却してもらいます。

⑦園でコピーをして、再度ご家庭に配付します。

乳幼児期は成長が著しいため、1年以上前の検査結果は信頼性が低いです。そのため1年に一度(1~2月中)アレルギー検査をお願いしています。時期が近づき次第、連絡させていただきます。ご協力よろしくお願いします。

*給食当日

〇調理時

・アレルギー対応食は、調理前、調理時、配膳時に必ず声掛けを行い、誤食・誤配のないようにしています。

・緑のアレルギー専用トレイ、アレルゲンシール付きネームプレート、アレルギー対応表、除去・代替対応メニューのお皿にクリップを付けてアレルギー児専用食器(黄色)で用意しています。(写真参照)

(どんぶりなどの写真に載っている種類のお皿もアレルギー児専用食器で提供します。)

 

 

〇配膳時

・各クラスの担任がそれぞれ給食の準備をする時間になったら、調理室に「○○ちゃん・○○くん(アレルギー対応児)の給食をお願いします。」と提供依頼をする。

・アレルギー対応児は1人席、職員の目の届く位置に席を設置する。

・混入を防ぐため他の子の配膳が終了後、最後に配膳する。

☆アレルギーが疑われる食材がある場合には、年度途中であっても病院受診をお願いすることがあります。検査結果が出るまでの対応については、保護者と相談をして基本的に完全除去対応とします。

 

☆基本的に園で提供することがない食材のアレルギーに関しては(生卵、魚卵など)毎月のアレルギー対応表は作成しません。特別メニューなどの際にもし出ることがありましたら対応表をお渡しいたします。

 

☆アレルギーが疑われる食材がある場合には、年度途中であっても病院受診をお願いすることがあります。検査結果が出るまでの対応については、保護者と相談をして基本的に完全除去対応とします。

☆基本的に園で提供することがない食材のアレルギーに関しては(生卵、魚卵など)毎月のアレルギー対応表は作成しません。特別メニューなどの際にもし出ることがありましたら対応表をお渡しいたします。

☆園の給食で出るマヨネーズ、おやつで出るアイスクリームは卵不使用のものを使用しますので、卵アレルギーのお子さんも食べることができます。

2021年3月8日